スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
夢と現実の区別がつかない…
家人に昨日の夜は何を話していたかを聞いたところ、

 
・・・それは夢ちゃうか?





私は何かを欲しがっていて、家人が「次月に買ったら?」
と私にいっていて

でも朝起きたらいったい私は何を欲しがっていたかド忘れして
何だったか家人に聞いたら、夢ではないかと。

なんですと?


一万を超えるモノだった気がするのに、それだけ覚えててモノは忘れた。


夢だったのか・・・
というか、夢の中まで日常会話を繰り広げていたのか。

なんてことだ。夢の中ではもっとファンタスティックなものが見たいのに。


いやいや、それより夢と現実の区別がつかないほうが危ないだろ…


しかし未だに思い出せない。






スポンサーサイト
04/27 19:15 | 日々 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 イナムラマヤ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。