スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
透明釉を作る。
今日は透明釉を作った。

といっても、昨日から。

まず、灰をミルにかけて粒子を細かくしたら

水簸して水をきらなければいけない。

その水簸をするために一日置かなければいけないから、

それは昨日しておいた。


で、今日した作業は、水簸したバケツのいらない水を捨てて撹拌機で撹拌したあと、

あらかじめ原料を量っておいたバケツのなかに、ざる(メッシュ)にと透して入れる。

そこに適度な水を加えて撹拌し、ほかの綺麗なバケツにまたメッシュを透していれる。


これで完成。

ここに書くといたって簡単そうだが、量が多いので実は大変。。。

原料を量るのだって、間違いは許されない。

少しでも間違うと調合が変わってきてしまって、まったくの別物になってしまう。

灰は天然の灰を使っているから、無駄にしないように扱いは慎重に。
(天然の灰はすごく高い。)


メッシュも細かいものを使うので、透りにくい。
そこを工夫して透していく。


単純だけど、間違ってはいけない作業なんです。

でも、釉薬を作るのは嫌いではない。


やっぱり何かを作るのは楽しいからかな。


スポンサーサイト
02/28 00:36 | おしごと | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 イナムラマヤ All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。